« 秋元司衆院議員の再逮捕の真の狙いは中国半導体産業の台頭の阻止か | トップページ | 日米貿易協定の継続協議となった自動車及び自動車部品の関税交渉は合意に達するのか »

2020年1月30日 (木)

潮目が変わった安倍首相後継争い

盤石と思われた安倍首相の自民党内の基盤に歪(ひずみ)が目立ちだした。その発端となったのが昨年11月8日の日本共産党の田村智子参院議員の参院予算員会での内閣総理大臣主催の【桜を見る会】の私物化疑惑の追及である。【桜を見る会】の安倍首相の私物化疑惑は昨年4月に東京新聞が報じ、5月には同党の宮本徹議員が国会で質問している。だがその時は他のマスメディアは後追い取材をしなかった。

【桜を見る会】の私物化疑惑の火消しに失敗したのは安倍首相のぶら下がり会見での説明が二転三転したからである。後処理を菅義偉官房長官に首相が委ねていれば問題は大きくならなかったかもしれない。だが安倍首相と菅官房長官の間にはこの時期には隙間風が吹いていたのである。NO2は黒子に徹すれば権力を維持できるが表に現れようとすればNO2はその座を失う可能性が極めて高い。

菅官房長官は【令和のおじさん】として国民の人気が高まるとポスト安倍の首相の座を狙いはじめ、無派閥議員を中心に派閥(菅グループ 衆院6、参院3)を結成し、昨年9月の内閣改造では腹心の管原一秀衆院議員(東京9区)を経産相に、無派閥の河井克行衆院議員(広島3区)を法相に入閣させた。しかし、管原経産相と河井法相は辞任に追い込まれた。

昨年9月に実施された日本経済新聞の世論調査での【次期首相にふさわしい人物】という設問に対する回答では小泉進次郎環境相が1位の20%、2位は安倍首相で16%、3位が石破茂元幹事長で15%であった。1位となった小泉環境相は内閣改造前(8月30日~9月1日)の調査の29%から9ポイント減らしている。小泉氏の政治手腕に疑問符を付けた回答者が約3分の1いたということであろう。

【選挙ドットコム】が11月9~10日に実施した世論調査の【次期首相にふさわしい人物】への回答は、電話調査では①石破氏27.40%、②安倍首相26.20%、小泉氏20.60%、④菅氏8.80%。同ネット調査では①安倍首相29.90%、②小泉氏24.40%、③石破氏22.20%、④菅氏10.00%であった。

12月の【日本経済新聞】の世論調査では、1位石破氏20%、2位小泉氏17%、3位安倍首相15%、4位河野太郎防衛相9%、5位菅氏5%、自民党支持層では1位安倍首相25%、2位石破氏17%、3位小泉氏16%、内閣不支持層では1位石破氏31%、小泉氏25%、野党支持層でも1位は石破氏で27%、2位は立憲民主党の枝野幸男代表の22%。

今年の1月25~26日の日本経済新聞の世論調査では1位石破氏25%、2位安倍首相17%、3位小泉氏11%であった。

安倍首相は【桜を見る会】私物化に疑惑とIR汚職問題抱え、小泉環境相は不倫のホテル代金の政治資金流用疑惑で苦境に立たされている。今後、世論の動向に敏感な無派閥議員を中心に自民党内でも石破氏支持が拡大する流れができかねない。   (おわり)

 

 

 

 

 

 

|

« 秋元司衆院議員の再逮捕の真の狙いは中国半導体産業の台頭の阻止か | トップページ | 日米貿易協定の継続協議となった自動車及び自動車部品の関税交渉は合意に達するのか »

9政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋元司衆院議員の再逮捕の真の狙いは中国半導体産業の台頭の阻止か | トップページ | 日米貿易協定の継続協議となった自動車及び自動車部品の関税交渉は合意に達するのか »