« 反日日本製品不買運動は韓国経済を疲弊させる | トップページ | 日米貿易協議において日本は何を得たのか »

2019年9月26日 (木)

中国市場で明暗が分かれた外資系自動車メーカー

中国汽車工業協会の発表によれば、2019年8月の中国新車販売台数は前年同月比6.9%減の196万台であった。1~8月の累計販売台数は前年同期比11%減の1610万台。台数にして201万台の減少である。これで米中貿易戦争の影響が出始めた昨年9月から14カ月連続で前年実績を下回った。販売減少の要因は米中貿易戦争に端を発した中国経済の減速と自動車需要の減少である。その結果、中国国内に生産拠点を持つ米国、ドイツ、フランス、韓国の自動車メーカーは販売減少に見舞われ、中国国内の工場の稼働率は大幅に低下しているという。昨年比で販売率の低下が大きいのは国別に列挙すれば、①フランス(ルノーと【PSA(プジョーグループ)】で、2019年上半期(1~6月)の【【ルノー】の販売台数は前年同期比24.5%減の8万9700台、【プジョーグループ】が60.6%減の6万4100台。②米国(GMとフォード)、GMの上半期の販売台数は157万台で前年同期比で14.6%、台数にして27万台の減少,【フォード】は、2019年上半期の販売台数は前年同期比で39.8%、台数にして15万9400台の減少。③【韓国】は、【現代】が29万4700台、前年同期比で21.0%の減少。【起亜】は14万4947台で、前年同期比17.2%減.④【ドイツ】の【VWグループ】(VW,アウデイ、ショコダなど)は191万6600台で、前年同期比で3.9%の減少、【メルセデス・ベンツ】は、29万7914台で、前年同期比11.2%の増加、【BMW】は27万4562台で、32.4%増。

2019年上半期にドイツの高級車メーカー2社以外で中国市場で販売量が前年同期比で伸びたのは日本のビッグ3の【トヨタ】、【ホンダ】、【日産】である。【トヨタ】(レクサスを含む)は前年同期比12.2%増の76万9800台、【ホンダ】が22.4%増の74万5409台、【日産】が0.6%増の71万8268台であった。日本車の販売が伸びた要因は【燃費の良さ】と【ブランド名】が中国で浸透したことであろう。ブランド名浸透に貢献したのは【訪日中国人】で、【訪日中国人】が増え続けていることである。今年の1~8月の【訪日中国人数】は前年同期比13.6%増の658万人でそのうちリピーターは6割を超えているという。最終的には年間900万人を超えると思われる。日本ほど自国車が国内を走っている国はないのである。来日して中国人は日本製の自動車のブランド名を覚えることになる。

ところで、中国では富裕層が増え、低価格車が売れる時代は終わり、高価格でも性能の良さを求める顧客が増えたのである。韓国車の低迷はそうした中国市場の変化を反映しているのであろう。さらに中国市場では高級車が売れる時代に突入したようである。ベンツやBMWの販売台数が増え、さらにトヨタの【レクサス】の今年上半期の販売台数は約9万5000台で、前年同期比で136%の増加である。GMの高級車キャデラックも販売台数を伸ばしている。

このような販売台数の結果、中国に進出したメーカの稼働率が100を超えているのは日本の3社と【メルセデス・ベンツ】と【BMW】だけである。他のメーカーの工場稼働率は70%を下回り、採算割れを起こしている。特にひどいのが【フォード】で20%台前半、【現代】は26%である。

現時点では日本のビッグ3の業績は好調であるがいつ風向きが変化するのか一寸先は闇である。   (おわり)

 

|

« 反日日本製品不買運動は韓国経済を疲弊させる | トップページ | 日米貿易協議において日本は何を得たのか »

13国際経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反日日本製品不買運動は韓国経済を疲弊させる | トップページ | 日米貿易協議において日本は何を得たのか »