« 米中の間で揺れ動く韓国 | トップページ | 韓国政府、日本の対韓輸出優遇措置撤廃に対する有効な手立てがなく迷走を続ける »

2019年7月18日 (木)

2019年上半期(1~6月)の日本の貿易収支の赤字によって浮かび上がった中国経済の減速

財務省は7月18日、2019年6月の【貿易統計】を発表した。【輸出】は、前年同月比で6.7%の減少の6兆5845億円で、輸出の減少は7カ月連続である。【輸入】は、前年同月比で5.2%減の5兆9950億円、輸入の減少は2カ月連続である。【輸出額】から【輸入額】を差し引いた【貿易収支】は5895億円の黒字であった。貿易収支の黒字は2カ月ぶりである。

日本の貿易相手国の中で日本が黒字を積み上げている相手国は【米国】で6月の対米輸出額は前年同月比4.8%増の1兆3555億円で9カ月連続の増加。【輸入額】は2.5%減の6856億円で【貿易収支は】前年比で13.5%の6699億円であった。一方、日本が【貿易赤字】を垂れ流している相手国の【中国】への【輸出額】は前年同月比で10.1%減の1兆2450億円、中国からの【輸入額】は前年同月比で5.3%減の1兆3772億円。【貿易収支】は1313億円の赤字で、赤字は15カ月連続である。対中国の赤字が常態化している原因は中国からの輸入品の大半は日本のメーカーが中国で製造した製品を逆輸入しているからである。

【輸出】で増加したのは自動車で前年同月比で78.7%増えている。これは米中貿易戦争によってアメリカで生産された高級車(ドイツのメルセデス・ベンツやBMWなど)に35%の関税がかけられるので日本のレクサスなどの高級車に価格の面で太刀打ちできないために日本の高級車の売れ行きが好調なのである。日本から輸出する【レクサス】の関税は10%である。日本からの輸出品で減少しているのは半導体製造装置(27.1%減少)、自動車部品(30.5%減少)、半導体電子部品(21.5%減少)などである。

【半導体製造装置】の輸出量が減っているのは半導体の在庫が積みあがって値崩れを起こしているために半導体工場の稼働率が低下しているためだ。自動車部品の輸出の減少は中国の自動車生産量が昨年から減っていることが原因である。つまり、中国経済が減速している証なのである。

昨年の上半期(1~6月)の日本の【貿易収支】は【輸出】が40兆1314億円、【輸入】が39兆5282億円であったから6032億円の黒字であった。ところが今年の上半期の【貿易収支】は、【輸出】が前年同期比4.7%減の38兆2404億円、【輸入】は39兆1292億円で8888億円の赤字である。輸出が大幅に減っているのは【半導体製造装置】(18.5%減)、鉄鋼・自動車部品(21%減)である。

国別の【貿易収支】で赤字額が一番大きかったのが中国で2兆0439億円、【黒字額】が最も大きかったのが米国で3兆4590億円である。日本は米国と中国を除いた東アジアと東南アジアで稼ぎ、【中国】と【EU]さらに【中東】では恒常的に赤字である。日本の【貿易収支】に重大な影響を与えるのは原油価格と中東である。  (おわり)

|

« 米中の間で揺れ動く韓国 | トップページ | 韓国政府、日本の対韓輸出優遇措置撤廃に対する有効な手立てがなく迷走を続ける »

21米中関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米中の間で揺れ動く韓国 | トップページ | 韓国政府、日本の対韓輸出優遇措置撤廃に対する有効な手立てがなく迷走を続ける »