« 加計学園は持続可能な教育機関なのか | トップページ | 米中間選挙世論調査で民主党支持率共和党を大きく上回る »

2018年9月14日 (金)

沖縄県知事選玉城前衆院議員と佐喜真前宜野湾市長の一騎打ち

9月30日投開票の沖縄県知事選で、県選挙管理委員会は13日午後5時に立候補受け付けを締め切り、いずれも無所属新人で前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)(自民、公明、維新、希望推薦)と前回の知事選の折のような結束力を保てない、【オール沖縄】勢力が推す自由党前衆院議員の玉城デニー氏(58)、元那覇市議で琉球料理研究家の渡口初美氏(83)、元会社員の兼島俊氏(40)の4氏の立候補が確定した。しかしながら実質的には佐喜真氏と玉城氏の一騎打ちとなる。
2014年の前回の知事選では現職の仲井真弘多(ひろかず)知事に反旗を翻す形で自民党沖縄県連の重鎮の翁長雄志那覇市長が立候補した。翁長氏を永年自民党支持であった沖縄財界の一部の有志と自民党を除名され翁長氏を支持する那覇市議会の会派【新風会】所属の市議、社民、共産、生活の3党の県連、地域政党【社大党】、県議会【県民ネット】でつくる支援団体などが支援。さらに【連合沖縄】が推薦した。その結果、保革の枠を超えた【オール沖縄】を合言葉に翁長陣営は選挙戦を戦い、翁長候補は10万票の大差で知事の座を射止めた。
しかし、翁長知事は再選のためには革新勢力の支持が不可欠でそのためには普天間基地の名護市辺野古地区への移設を巡り国に対して徹底抗戦の選択肢しかなかった。一地方自治体が中央政府の政策に異を唱えても国家の枠組みに留まる以上地方自治体に勝利はあり得なかった。
4年間の翁長県政で450億円もの沖縄振興予算を削減されたこともあり、翁長氏を支援した財界有志の大半は翁長知事から離れたし、保守系の地方議員も落選したりして今回の知事選では【オール沖縄】結成は困難な状況下にある。
今回の選挙では自民党ばかりでなく、前回自主投票で大半の票が翁長氏に投ぜられたと思われる公明党が佐喜真候補の推薦に舵を切った。佐喜真候補にとってはプラスの要因が増えたことになる。
但し、佐喜真陣営にとって最大の関心事は9月16日に行われる沖縄が生んだスーパースター【安室奈美恵】の引退公演であると言われている。この公演で安室氏がファンに対してどのようなメッセージを送るかによって知事選に大きな影響を与えかねないのである。
一部の芸能関係者の間では【安室氏引退】は本気ではないという憶測が流れている。2016年のリオデジャネイロ五輪の際、NHKはリオ五輪放送のテーマソングに安室奈美恵氏の【Hero】を採用した。安室氏は東京五輪で柳の下の2匹目のドジョウを狙っているというのである。もしそれが真実であれば安室氏は引退公演でファンに政治的なメッセージを送らない公算が大きい。
今回の沖縄知事選に関して沖縄では情報が錯綜して現時点では選挙戦の予測は困難であろう。   (おわり)

|

« 加計学園は持続可能な教育機関なのか | トップページ | 米中間選挙世論調査で民主党支持率共和党を大きく上回る »

10選挙」カテゴリの記事

コメント

告知ですいません。

「佐喜眞 淳」候補のイベントが下記で開催されます。
1、日時:9月16日(日曜)14:00〜
     9月23日(日曜)14:00〜
2、場所:パレット久茂地前
    (沖縄県庁・那覇市役所近く)

小泉進次郎氏が、佐喜眞氏の応援で沖縄に来ます。
9月16日(日曜)
14:00〜 パレット久茂地
15:30〜 浦添市安波茶交差点
17:00〜 豊見城市役所(豊見城南高校前)

投稿: 名無しのコメントです。 | 2018年9月14日 (金) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県知事選玉城前衆院議員と佐喜真前宜野湾市長の一騎打ち:

« 加計学園は持続可能な教育機関なのか | トップページ | 米中間選挙世論調査で民主党支持率共和党を大きく上回る »