« 日米貿易協議日本はどこまで米国に譲歩するのか | トップページ | 総裁選は株価が上昇する契機 »

2018年9月25日 (火)

沖縄県知事選保守系佐喜真候補肉薄

翁長雄志前沖縄県知事の死去に伴う9月30日投開票の【沖縄県知事選】は最終盤を迎えた、翁長前知事から後継者に指名された自由党幹事長で衆院議員の玉城デニー氏が告示前から優勢と報じられていたが自民党、公明党、日本維新の会の推薦を受けた佐喜真淳前宜野湾市長が終盤戦に入って激しく追い上げているという状況である。
前回の知事選ではもともとは自民党沖縄県連の重鎮であった翁長那覇市長が自民党に反旗を翻す形で立候補し、沖縄県内の革新勢力と政策協定を結んで沖縄のアイデンティティを標榜する【オール沖縄】を合言葉に選挙戦を闘い現職の仲井真弘多知事に10万票の大差をつけて知事の座を手に入れた。
翁長氏は知事就任後、沖縄駐留の米国海兵隊の普天間基地(宜野湾市)を名護市辺野古地区に移設する国の方針を阻止するためにあらゆる方法を繰り出して国との対立を激化させていた。沖縄の歴史や沖縄県民の米軍基地に対する反感などに鈍感な我々本土に住む国民からすればあえて誤解を恐れずに言わしてもらえば翁長知事は不毛な戦いを繰り返していたようにしか思えないのである。
地方自治体の首長が心がけるべきことは当該自治体の住民の生活向上に腐心することであろう。国家の安全保障に関する国の方針に異を唱えることは明らかに地方自治体の首長としては越権行為であろう。移設先の名護市民も知事も市長も本来の業務に傾注していないと不満を抱いていたからこそ基地移設反対派の急先鋒の稲嶺進名護市長を市長の座から引きづり下ろしたのである。
ところで、読売新聞は9月21~23日に沖縄知事選に関する世論調査を実施たが、世論調査の結果と取材を基にした選挙戦に関する以下の分析記事を読売新聞電子版【ヨミウリオンライン】が9月24日午前に配信した。
「読売新聞社は30日投開票の沖縄県知事選について、世論調査と取材を基に情勢を分析した。自由党幹事長で前衆院議員の玉城デニー氏(58)と、前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)が激しく競り合っている。ただ、有権者の約2割が態度を明らかにしていない。
玉城氏は、支援を受ける立憲民主、共産、社民支持層の9割以上を固め、無党派層の約5割からも支持を得ている。
佐喜真氏は推薦を受ける自民支持層の8割弱、前回選(2014年)は自主投票で今回、佐喜真氏を推薦した公明党の支持層も8割弱を固めた。
選挙戦の主な争点となっている政府の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の方針については「評価しない」が63%に上り、「評価する」は25%。県が今年8月、移設先の埋め立て承認を撤回したことに関しては、「評価する」が60%、「評価しない」は28%だった。」。
玉城候補は翁長前知事の後継者であっても前回の選挙で【オール沖縄】を唱えた翁長知事に投票した有権者のうち今回は3割が玉城陣営から離脱している。筆者の想像であるが3割のうち1割は今回は佐喜真候補に投票し、2割は棄権という道を選択すると思われる。
佐喜真氏陣営には前回は自主投票であった公明党が加わった。終盤になって勢いがある佐喜真氏が逆転する可能性が出てきたということである。   (おわり)

|

« 日米貿易協議日本はどこまで米国に譲歩するのか | トップページ | 総裁選は株価が上昇する契機 »

10選挙」カテゴリの記事

コメント

沖縄の皆さんへ。

オール沖縄は翁長氏が作った沖縄県民の組織でしたが、現在は本土の共産主義者と在日朝鮮人に乗っ取られてしまいました。オール沖縄を支援するのは、共産・社民・立民・民民・自由というオール反日集団です。

奴らはイデオロギーで動きます。
奴らは沖縄県民の幸福など考えていません。
玉城デニーは「沖縄県民の敵」です。

投稿: 名無しです。 | 2018年9月25日 (火) 22時19分

沖縄の皆さんへ。

玉城デニー候補は、翁長氏の後継者ではありません。
翁長氏の遺言の音声テープは存在しません。
なので、玉城デニーは翁長氏の後継者ではありません。

投稿: 名無しです。 | 2018年9月25日 (火) 22時22分

沖縄の皆さんへ。

玉城デニーは、数々の選挙違反を平気でやっています。
そんな、平気で法律違反をするような奴は、当選しても平気で法律違反をするでしょう。
そんな奴に沖縄を任せて、本当に良いのでしょうか?

投稿: 名無しです。 | 2018年9月25日 (火) 22時23分

沖縄の皆さんへ。

今回の沖縄県知事選挙は、「保守」対「極左」の戦いです。
玉城デニー候補は中道では有りません。
玉城デニー候補の応援団は、共産党、社民党、立憲民政党、などの極左暴力集団です。
そんな玉城デニーに沖縄を任せて、本当に良いんでしょうか?

投稿: 名無しです。 | 2018年9月25日 (火) 22時26分

告知ですいません。

「さきま淳候補&小泉進次郎氏の演説会」が下記で開催されます。
9月27日(木曜日)午後1時30分〜
イオンタウン那覇(小禄ジャスコ)にて。

投稿: 告知ですいません。 | 2018年9月26日 (水) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県知事選保守系佐喜真候補肉薄:

« 日米貿易協議日本はどこまで米国に譲歩するのか | トップページ | 総裁選は株価が上昇する契機 »