« EUとの貿易摩擦でトランプ大統領方向転換 | トップページ | 日本は日米新通商協議で拙速に合意すべきでない »

2018年8月 9日 (木)

翁長沖縄県知事死去選挙戦へ

沖縄県の謝花(じゃはな)喜一郎副知事は8月8日夕刻記者会見を開き、沖縄県は、ことし4月すい臓がんの手術を受け治療にあたってきた翁長雄志(67)知事について、8月7日から意識が混濁する状態になったとして、当面、副知事が職務を代理することになったと発表した。
地元紙の【琉球新報】は8日、関係者の話として「病状の回復の目途が立たないので翁長知事は辞職する」と報じたが、謝花副知事は辞職の話は聞いていないと述べている。
テレビなどの翁長知事の映像を見ると容貌がやせ衰え、楽観視できない病状であると素人目にも映った。翁長知事の病状の回復が望まれていたが謝花副知事の会見後に翁長知事は死去した。知事という権力の座に座り続けるために地方自治体の首長(知事)の権力を逸脱した勝ち目のない戦いを国に対して挑んだ結果、心労が重なり、不帰の人となった。
沖縄県知事選は11月1日告示、11月18日投開票という選挙日程が決まっていたが翁長知事が死亡したことによって選挙は公職選挙法の規定により50日以内に実施される。
沖縄駐留の米海兵隊の普天間基地の名護市辺野古への移設工事が開始されたことにより自民党沖縄県連は知事選では絶対に負けられない立場に追い込まれた。自民党沖縄県連は当初予定されていた11月18日投開票の知事選に向けて候補者を擁立する準備を進めてきた。知事選の【候補者選考委員会】(国場幸一委員長)を立上げ、候補者の選定作業に入っていたが7月5日、【候補者選定委員会】は佐喜真淳宜野湾市長(53)に出馬要請する方針を全会一致で決めたと発表した。
自民沖縄県連の要請を受けて佐喜真宜野湾市長は7月27日、知事選の立候補を正式に表明した。但し、知事選の部外者からみれば【候補者選定委員会】の国場幸一委員長の存在が気にかかる。国場氏は沖縄県の大手建設会社【国場組(こくばぐみ)】の会長で、【国場組】は普天間基地の移設工事の受注業者である。【普天間基地移設工事】はあからさまな利益誘導型の公共工事であることを示している。
一歩、沖縄県政の与党を形成している革新勢力(沖縄社会大衆党、共産党、社民党など)は早急に翁長前知事の後継候補の選定作業に入らなければならない。故翁長知事の政治経歴の出発点は県都那覇市の市議会議員でその後、県議会議員、那覇市長を経て知事に就任した。那覇市長時代までは一貫して自民党の党員であった。翁長氏は縄知事選に立候補した時点で選挙戦に勝利するために革新勢力と手を握ったのである。
翁長知事を知事に押し上げたのは自民党員時代の翁長氏の後援会員と反米・米軍基地反対派の沖縄県の革新勢力であった。知事選で翁長知事陣営は自民党色を薄めるために【オール沖縄】という言葉を造った。今回の知事選で革新勢力が候補者に擁立した人物が【オール沖縄】を名乗ることは難しい。   (おわり)

|

« EUとの貿易摩擦でトランプ大統領方向転換 | トップページ | 日本は日米新通商協議で拙速に合意すべきでない »

10選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 翁長沖縄県知事死去選挙戦へ:

« EUとの貿易摩擦でトランプ大統領方向転換 | トップページ | 日本は日米新通商協議で拙速に合意すべきでない »