« 柳瀬唯夫経済産業審議官の国会招致で真実は明らかになるのか | トップページ | 新時代の国際競争に突入した自動車業界 »

2018年5月11日 (金)

政治ショーに終わった柳瀬審議官参考人招致

元首相秘書官の柳瀬唯夫氏(現経産審議官)の国会招致が衆参両議院の国政調査権に基づく【証人喚問】ではなく【参考人招致】に決定した時点で与党側が【加計学園】が運営する岡山理科大学獣医学部新設疑惑の真相解明への熱意のなさが透けて見えた。
5月10日、柳瀬元首相秘書官(【国家戦略特別区域(国家戦略特区)】担当)が午前9時から開始された衆院予算委員会質疑に参考人として証言した。今回の柳瀬氏の参考人招致は4月10日に愛媛県の中村時広知事が柳瀬氏と愛媛県職員が2015年4月2日に首相官邸で【国家戦略特区】に関して説明を受けるために面会したと記されている覚書(メモ)の存在に言及したことに端を発している。
柳瀬氏は昨年の国会答弁で愛媛県職員との面会を否定していたが柳瀬氏は4月10日、中村知事の発言に対しても愛媛県職員との面会を否定した。ところが【内閣府】から文科省に送信されたメールで柳瀬氏が愛媛県職員との面会予定に触れていたことが4月16日に一部マスコミによって報じられたために与党側は柳瀬氏を国会に招致せざるを得ない状況に追い込まれたのである。
10日の衆院予算員会質疑の焦点は柳瀬氏が愛媛県職員との面会を認めるか否かであったが柳瀬氏は愛媛県職員との面会は認めずに「【国家戦略特区】の申請者の加計学園の担当者との面会を認める作戦を採用している。愛媛県職員との面会を認めれば柳瀬氏の予算委員会質疑での証言の信憑性が著しく損なわれるからだ。
ところで、柳瀬氏と加計学園との関わり合いであるが柳瀬氏の証言によれば2013年5月の連休中に山梨県鳴沢村の安倍首相の別荘で行われたバーベキューの場で加計学園の加計孝太郎理事長と事務局の担当者と知り合ったという。
その後、加計学園が経営する岡山理科大学の国家戦略特区を活用した獣医学部新設について加計学園の担当者と2015年3月24日と4月2日の2回首相官邸で柳瀬氏は面会している。柳瀬氏は【加計学園】を特別扱いはしていないと主張したが首相官邸で民間企業の担当者と2回の面談は通常あり得ないことで【特別扱い】以外の何物でもないであろう。
柳瀬氏は愛媛県職員のメモに記載されている【首相案件】発言については否定し、加計学園の担当者との面談に関しては「安倍首相へ報告したことも、(安倍首相から)指示を受けたこともない」と証言したが首相秘書官が【アベノミクス】の3本の矢の一つの【成長戦略】に含まれている【国家戦略特区】に関する面談の内容を首相に報告していないという柳瀬氏の主張には説得力がない。報告しないとは職務怠慢の誹(そし)りを免れないからだ。
結局、柳瀬氏の参考人招致は当初から想定されていたように【政治ショー】にしか過ぎなかった。柳瀬氏は安倍首相の盾になって【加計学園疑惑】を闇に葬(ほうむ)ろうとする役割を演じたに過ぎない。しかしながら柳瀬氏の安倍首相への忠誠心は自らの出世欲との2人連れということである。
柳瀬氏の【経産審議官】というポストは経産省官僚のNO2のポストで経産省官僚の頂点【事務次官】に王手がかかったポストだからだ。安倍内閣がこの難局を乗り切れば柳瀬氏は7月の人事異動で【事務次官】に就任するであろう。一般国民にとって何とも後味の悪い参考人招致になりそうである。   (おわり)

|

« 柳瀬唯夫経済産業審議官の国会招致で真実は明らかになるのか | トップページ | 新時代の国際競争に突入した自動車業界 »

6国政を斬る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治ショーに終わった柳瀬審議官参考人招致:

« 柳瀬唯夫経済産業審議官の国会招致で真実は明らかになるのか | トップページ | 新時代の国際競争に突入した自動車業界 »