« 東芝半導体子会社【東芝メモリ】の売却先日米韓連合に決定 | トップページ | 若狭。細野新党名は【希望の党】 »

2017年9月22日 (金)

小池知事は若狭・細野新党にどこまで係るのか

9月22日の小池百合子都知事の定例記者会見で朝日新聞、産経新聞、東京新聞、日本テレビの都政担当の記者の質問は東京都政を離れて小池知事の国政進出や若狭・細野新党に関する質問であった。マスメディアは小池東京都知事が【若狭・細野新党】に深くかかわらない限りは新党のインパクトは弱いと感じ取っている証であろう。
都議選の際には選挙戦突入のぎりぎりのタイミングで地域政党【都民ファーストの会】の代表に就任し大勝利を呼び込んだ。
今回の衆院選では新党の代表を小池知事は要請されてたがこれを断っている。都政に専念するという知事の発言と整合性が取れなくなり、マスメディアの集中砲火を浴びることを回避したことになる。戦略家小池知事は直前になって新党の【最高顧問】というような役職に就き選挙の顔として全国を飛び回ると思われる。東京都の選挙区は都民ファーストの会所属の都議55人に任せる腹積もりなのであろう。
若狭・細野新党の獲得議席が政界の一部でささやかれている50議席を超えることを警戒している官邸は親安倍のジャーナリスト・評論家などを総動員して小池知事批判の記事を垂れ流し、【都民ファーストの会】の分裂騒動などを実態以上に喧伝してきた。
小池知事の支持を議会で最初に表明した消滅した【みんなの党】出身の音喜多駿議員は役員を外され今や不満分子と化している。筆者の想像であるが若狭・細野新党立ち上げに音喜多都議を介して渡辺喜美参院議員が嘴を入れるのを若狭氏たちがt嫌ったことが原因で音喜多都議は執行部入りを果たせなかったのであろう。
【NHK NEWS WEB】は22日午後、小池知事の新党との係りに関して『東京都の小池知事は、みずからに近い若狭勝衆議院議員らが来週に発足させる新党への関わり方について「どの方法がいちばんいいか模索したい」と述べ、政治情勢などを見極めながら役職に就くのかどうかも含めて判断する考えを示しました。
小池知事は22日の記者会見で、来週28日に召集される臨時国会の冒頭に衆議院が解散される見通しとなっていることについて「私は今回の解散・総選挙というにわかに起こった状況は大義がないと言っている。北朝鮮情勢への対応を国民に問うなどということは、ちょっと危険をかけすぎだ」と述べました。
そのうえで「この大義なき解散・総選挙では国民が真に改革を求めるのか否かを問うべきだ。改革を進めるにはしがらみがないことがいちばん重要だと思っていて、その意味で若狭氏が目指す流れは応援していきたい」と述べ、若狭氏らが来週に発足させる新党を支援していく考えを重ねて示しました。
さらに新党への関わり方については「知事をしながら国政に関与する例はあり、新党への関わりと都知事の職務とが矛盾するものとは考えていない。どのようにすれば国民や都民にとっていいか、どの方法がいちばんいいか模索したい」と述べ、政治情勢などを見極めながら役職に就くのかどうかも含めて判断する考えを示しました。】と報じた。
細川護煕元首相、当時の小沢一郎新進党幹事長、小泉純一郎元首相と当時の最高権力者に重用され、権力の何たるかを知悉している小池知事の前では細野氏も若狭氏も影が薄い。小池知事が今回の衆院選で新党の選挙を仕切らなければ新党の勝利はない。   (おわり)

|

« 東芝半導体子会社【東芝メモリ】の売却先日米韓連合に決定 | トップページ | 若狭。細野新党名は【希望の党】 »

10選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小池知事は若狭・細野新党にどこまで係るのか:

« 東芝半導体子会社【東芝メモリ】の売却先日米韓連合に決定 | トップページ | 若狭。細野新党名は【希望の党】 »