« 若狭。細野新党名は【希望の党】 | トップページ | 中国地方政府発表のGDPは捏造なのかそれとも不況の証なのか »

2017年9月24日 (日)

米北朝鮮への爆撃機の恫喝飛行で北朝鮮を揺さぶる

北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は㋈23日、ニューヨークで開催中の国連総会の一般討論で演説し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と揶揄したトランプ米国大統領の発言を「北朝鮮のロケットが米国本土に到達することを不可避にした」と強く非難した。
トランプ大統領が北朝鮮の最高指導者・金正恩氏を「ロケットマン」と揶揄しタ9月19日の演説の中で、「ロケットマンは自殺任務に突き進んでいる」と発言し、条件付きながら米国は「米国自体や同盟諸国を防衛するしかない状況になれば、我々は北朝鮮を完全に破壊するしか、選択の余地はない」と強い口調で北朝鮮に警告を発した。
アメリカのトランプ大統領の国連総会での北朝鮮への恫喝演説に対して北朝鮮の金正恩氏は初めて声明を発表し、「史上最高の超強硬な対応措置の断行を慎重に考慮する」と強く反発した。この対応措置が何を指すのかについて李外相は「おそらく水爆の実験を太平洋上で行うことになるのではないか」と述べ、トランプ政権を威嚇している。
北朝鮮の李外相の恫喝発言に対して米国は北朝鮮の李外相の演説の数時間前に米国防総省発表にによると、、米空軍の戦略爆撃機「Bー1B」数機が護衛の戦闘機とともに北朝鮮の東方沖合の国際空域を威嚇飛行していた。米軍の戦闘機・爆撃機としては今世紀に入って最も北の位置まで飛行したという。
国防総省報道官は今回の飛行任務について「米国の決意を示すとともに、トランプ大統領が脅威に対抗するため多くの軍事的選択肢を持っていることを明示した」と説明。「われわれは米国と同盟国を守るため、すべての軍事力を行使する用意がある」と述べた。
米国やフランスは太平洋上で水爆実験を行っているがそれは自国が所有するサンゴ礁などで行ったが北朝鮮は太平洋には拠点がないのでICBMに水爆を搭載して行う以外に方法はない。北朝鮮はそこまでは踏み切れないであろう。水爆実験を行えば米軍の戦略爆撃機が北朝鮮の領空を侵犯して北朝鮮にさらなる圧力をかけることになるからだ。
【ロイター】は22日、北朝鮮外相のの太平洋上での水爆実験発現に関して『米政権当局者は22日、北朝鮮が水爆実験の実施を示唆したことについて、実際に強行すれば1つの分水嶺になるとの認識を示し、現時点ではそれほど信用するべきではないとしながらも、米国はこうした脅しを深刻に受け止めていると述べた。
同当局者は匿名を条件にロイターに対し、北朝鮮に水爆実験を実施する能力があるかは疑問とし、「現時点でそれほど信用するべきではない」と指摘。ただ、北朝鮮が水爆実験を実施すれば「1つの分水嶺となる」となるとし、「われわれはある程度は深刻に受け止める必要がある」と述べた。
ただ、米国が具体的にどのよう対応するかについては明らかにしなかった。』と配信した。
北朝鮮が太平洋上で水爆実験を行えば米国は恫喝飛行を頻繁に実行する可能性が浮上してきた、   (おわり)

|

« 若狭。細野新党名は【希望の党】 | トップページ | 中国地方政府発表のGDPは捏造なのかそれとも不況の証なのか »

19北朝鮮問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米北朝鮮への爆撃機の恫喝飛行で北朝鮮を揺さぶる:

« 若狭。細野新党名は【希望の党】 | トップページ | 中国地方政府発表のGDPは捏造なのかそれとも不況の証なのか »