« トランプ大統領北朝鮮に対して国連で強硬な非難演説を行う。 | トップページ | 小池知事は若狭・細野新党にどこまで係るのか »

2017年9月21日 (木)

東芝半導体子会社【東芝メモリ】の売却先日米韓連合に決定

迷走を続けていた東芝の半導体子会社【東芝メモリ】(三重県四日市市)の売却先が9月20日午前に開かれた東芝取締役会で正式に決定した。売却先は米大手投資ファンドの【ベインキャピタル】が率いる「日米韓連合」である。売却額は設備投資負担分も含めて2兆4000億円の見通しで東芝は来年3月末までに売却益を得て債務超過を解消し、株式上場を維持したい考えである。
【東芝メモリ】の売却先が二転三転したのは東芝の主力銀行の【三井住友銀行】と【みずほ銀行】が東芝に対する債務の回収を急いだことと東芝と共同で【東芝メモリ】を運営していた米半導体大手【WD(ウェスタンデジタル)】が買収後の経営権獲得に拘ったからだ。
主力銀行団は東芝が今期(2018年3月期)の決算で債務超過に陥り、株式上場が廃止になれば東芝の株式の価値は無価値になり債務の回収が不可能になるために売却先を早期に決定し、売却益によって債務超過を免れることを画策して東芝の売却希望価格を下回る1兆9000億円という金額を提示した強欲な【WD】への売却を急いだのだ。
東芝の経営陣も銀行団の意向に押し切られていったんは【WD]への売却を決定したがその後の細部の条件の詰めの作業で【WD】が強気の姿勢を崩さず、将来的に【東芝メモリ】の経営権の掌握を示唆したため東芝側は交渉を打ち切ったという経緯がある。
【WD】は買収を重ねて業績を拡大した企業である。東芝が【WD】と半導体事業で協業するようになったのは東芝と同額出資で【東芝メモリ】を立ち上げた【サンディスク】を【WD】が買収したからだ。利益を優先し、強引な買収を重ねる【WD】と東芝とでは企業文化が違い過ぎるので東芝は最終的に【WD】が提示した買収金額に5000億円上乗せした【日米韓連合】(米のベインキャピタル、日本の産業革新機構、韓国のSKハイニックスなど)に売却することになった。
何としても【東芝メモリ】を買収したい【WD】は東芝を国際仲裁裁判所に提訴した。しかしながら【東芝メモリ】の半導体製品の主要な納入先であるアップルなどのアメリカのIT企業は過去に【WD】に煮え湯を飲まされた経験があるので【日米韓連合】に肩入れすることになった。
【朝日新聞デジタル】は21日正午過ぎ、アップル社などの肩入れについて『「日米韓連合」はほかに、大口顧客の米アップルや、韓国の半導体大手SKハイニックスなどが加わる。光学機器メーカーのHOYAなど日本企業も出資を検討。東芝も出資し、雇用の維持などで影響力を残す考えだ。議決権は日本勢が過半を握る方向。政府系ファンドの産業革新機構と日本政策投資銀行は当初は加わらないが、後に出資して経営に関与する方針だ。
ただ、四日市工場(三重県四日市市)で半導体メモリーを共同生産する米ウエスタンデジタル(WD)は、第三者への売却を「協業契約違反」だとし、国際仲裁裁判所に差し止めを申し立てている。この結果によっては、買収は白紙になりかねない。革新機構と政投銀は、この係争が解決するまで出資を見合わせる。
東芝は1月、米国の原発事業で生じた巨額損失の穴埋めのため、利益の大半を稼ぐ半導体メモリー事業の売却方針を決定。6月に「日米韓連合」をいったん優先交渉先に選んだが、革新機構などがWDとの係争の行方に懸念を深め、交渉が暗礁に乗り上げていた。その後はWDが加わる「新日米連合」と売却に向けて集中的に交渉したが、将来の経営に強く関与したいWDとの対立が表面化した。』と配信した。
【国際仲裁裁判所の裁定の内容によっては【東芝メモリ】売却はまた迷走を続ける可能性がある。   (おわり)

|

« トランプ大統領北朝鮮に対して国連で強硬な非難演説を行う。 | トップページ | 小池知事は若狭・細野新党にどこまで係るのか »

12国内経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東芝半導体子会社【東芝メモリ】の売却先日米韓連合に決定:

« トランプ大統領北朝鮮に対して国連で強硬な非難演説を行う。 | トップページ | 小池知事は若狭・細野新党にどこまで係るのか »