« 米国利上げ決定でも円安にならない不思議な為替市場。 | トップページ | 獣医学部新設に関する文書で内閣府に不信感を募らせる文科省 »

2017年6月16日 (金)

安倍内閣の支持率と不支持率の差が縮小

今年の2月に発覚した【森友学園】の国有地払い下げ問題に関する安倍昭恵首相夫人の関与疑惑、5月に発覚した【加計学園】の獣医学部新設認可を巡る安倍首相の関与疑惑によって安倍内閣の支持率は40%台に下落し、【内閣支持率】と相関関係にある【内閣不支持率は30%台に上昇して【内閣支持率】と【内閣不支持率】の差は10%台前半にまで縮小している。
6月9~12日に実施されたNHKの【政治意識調査】では、【内閣支持率】は2か月連続で下落し、48%(前月比3ポイントのマイナス)、【不支持率】は6ポイント上昇して36%、同期間に行われた【時事通信】の世論調査では【内閣支持率】は前月より1.5ポイント下って45.1%(4カ月連続の下落で約10ポイントのマイナス)、【不支持率】は5.0ポイント上昇して33.9%である。
7月3日投開票の都議選で都議会自民党が都議会第一党の座を維持すれば安倍内閣支持率は上昇に転じると思われる。
【時事通信】は13日、世論調査の結果について『時事通信が9~12日に実施した6月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比1.5ポイント減の45.1%で、4カ月連続の減少となった。不支持率は同5.0ポイント増の33.9%で、3割台に乗ったのは昨年10月以来8カ月ぶり。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり、当初存在を否定していた文部科学省の内部文書について再調査に追い込まれるなど、政府対応への批判が背景にあるとみられる。
 政府が国連平和維持活動(PKO)に今後も積極的に部隊を派遣すべきか否かを尋ねたところ、「できれば派遣すべきでない」が48.6%で、「積極的に派遣すべきだ」34.3%を上回った。
 内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当な人がいない」18.8%、「リーダーシップがある」14.2%、「首相を信頼する」11.4%。支持しない理由(同)は、「首相を信頼できない」が急増し、前月比6.2ポイント増の18.8%。安全保障関連法審議の影響で内閣支持率が4割前後に低迷した2015年夏ごろと同水準となった。次いで「期待が持てない」14.5%、「政策が駄目」11.1%の順。』と配信した。』と配信した。
今年の秋以降衆院選はいつ行われてもおかしくない。自民党の支持率は今年に入っても30%台後半を維持している。それに対して民進党は7~8%台で推移しているので現時点では【自民党】が大負けする可能性は低い。安倍首相の支持率をこれ以上下げないためには強引な政権運営を回避すべきであろう、   (おわり)

|

« 米国利上げ決定でも円安にならない不思議な為替市場。 | トップページ | 獣医学部新設に関する文書で内閣府に不信感を募らせる文科省 »

9政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍内閣の支持率と不支持率の差が縮小:

« 米国利上げ決定でも円安にならない不思議な為替市場。 | トップページ | 獣医学部新設に関する文書で内閣府に不信感を募らせる文科省 »