« 衆参予算委員会での籠池氏の証言に信憑性は感じられない | トップページ | 早くも現実の壁に阻まれたトランプ大統領の政策 »

2017年3月24日 (金)

建設資金不足のままに小学校建設を強行した森友学園

異例ずくめの国有地払い下げと小学校設置認可が下りる見通しであった大阪市の学校法人【森友学園】が建設していた【瑞穂の國記念小学院】を巡る疑惑追及はいつの間にか本質を外れ、【森友学園】の籠池泰典氏の真偽が定かでない【安倍首相夫人の明恵氏から安倍首相からの献金という名目で100万円を受け取った】という主旨の発言に振り回されて【安倍首相の100万円の寄付】が事実かどうかに移ってしまった。
3月23日の参院予算委員会で証人喚問された籠池氏への質問に立った自民党の西田昌司参院議員は質問中に籠池氏に安倍首相夫人と籠池夫人のメールのやり取りを公表する同意を求めていた。籠池氏の同意を得たの西田氏は24日、安倍総理大臣の夫人の昭恵氏から入手したメールをもとに、「昭恵夫人と籠池夫人とのショートメールのやりとり」として、去年6月から今月中旬までの内容を記したものを公表した。
【NHK NEWS WEB】(3月24日)で報じられたメールのやり取りの中で【100万円寄付】に該当すると思われる部分:「籠池氏が野党4党と自宅で面会した3月16日分として、籠池氏の妻が、「大事な民衆をきりすてるのは許せない。国会にでます」などと送っています。
これに対して、昭恵氏は、「私もどうしていいかわかりません。神様はどこに導こうとしているのか。とにかく祈っています」などとしたうえで、「100万円の記憶がないのですが」と送り、籠池氏がおととし昭恵氏から受け取ったとしている100万円の寄付金をめぐるやり取りと見られます。」
籠池氏の夫人は【100万円寄付】に関して何ら反応していない。本当に100万円が寄付されたのであれば籠池夫人は何らかの反応をしたと考えるの合理的であろう。
ところで、【メールのやり取り】の中で筆者が興味を持ったのは3月8日の以下の内容である。
『土を運ぶ費用等認可をいただくには3※奥5000万足りません。あきえさんも協力して下さい」と発信し、昭恵氏は、「祈ります」と返信している。』  (※奥は原文のまま。億が正しい)
籠池氏夫人のメールの内容から【瑞穂の國記念小学院】の建設費15億5500万円の資金調達の目途が立っていないにも拘わらず【森友学園】は建設を強行したことが分る。籠池氏は詐欺師呼ばわりされても弁解の余地(本人は責任を認めるとは思えないが)はないであろう。
今年の2月以降、【瑞穂の國記念小学院】を巡る様々な虚偽の事実が次々と噴出し、籠池氏は大阪府へ提出していた【小学校設置認可の申請】を取り下げた。この結果、建設を請け負った建設会社やその下請け会社は経済的に多大な損害を被ることになる。こうした事態を招いた責任は現時点では籠池氏に次いで大阪府が負うべきなのかもしれない。   (おわり)

|

« 衆参予算委員会での籠池氏の証言に信憑性は感じられない | トップページ | 早くも現実の壁に阻まれたトランプ大統領の政策 »

11その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建設資金不足のままに小学校建設を強行した森友学園:

« 衆参予算委員会での籠池氏の証言に信憑性は感じられない | トップページ | 早くも現実の壁に阻まれたトランプ大統領の政策 »