« 衆院東京10区補選の見通し | トップページ | 杭州G20は実質的な成果は上がるのか »

2016年9月 2日 (金)

民進党は代表選後党の理念を一致させる必要がある。

今日(9月2日)民進党代表選が告示された。当初、立候補者は【連ホウ】(舟に方)民進党代表代行(48 参院議員東京選挙区)と前原誠司元外相(54 京都2区)の2人の一騎打ちになるとみられていたが中堅議員の玉木雄一郎国会対策副委員長(47 香川2区)が急遽立候補したために3人の争いになった。投票は9月15日の民進党本部で開催される臨時党大会で実施される。
立候補を届け出た3人の候補者は党本部で共同記者会見を開き、各自の考えを述べている。
【NHK NEWS WEB】は2日夕刻、『蓮舫氏は「私が目指すのは、新世代の民進党。そのために代表になってこの党を引っ張っていきたい。人を大事にし、人に投資をして、将来の納税者をしっかり育て、愛すべき日本をしっかりと次につないでいく絵を描いていきたい」と述べました。
前原氏は「『もう一度、われわれにチャンスをいただきたい』と国民に土下座をする先頭には、戦犯である私がふさわしい。みんなで少しずつ負担しあい、みんなが受益者となることで、格差がなくなり、多くの人の不安が払拭(ふっしょく)される、そんな社会を作らないといけない」と述べました。
玉木氏は「自民党にかわる、国民に信頼して選んでもらえるような政治集団をゼロからつくり直したい。日本が将来に残すべき最大の資産は人であり、借金してでも、誰もが安心して子育てをし、そして教育を受けられるための環境を整備したい」と述べました。』と報じている。
民進党所属の国会議員は衆院が97人、参院が48人である。そもそも論で行けば代表は所属議員数が多い衆院議員から選ばれるべきであろう。しかしながら旧民主党の流れを汲む【民進党】は衆院の小選挙区で勝ち上がってくる議員が少ないために執行部は同じメンバーでたらい回しされている印象が強い。
政権の座を降りた時点で岡田克也氏、枝野幸男氏、安住淳氏、細野豪志氏などは責任を取って執行部入りを自粛すべきであったが執行部に居座ったままであった。党の地方組織からは代わり映えしない執行部のメンバーに不満を抱いていた。
7月に実施された参院選で野党協力をして選挙結果からみれば東北地方の6つの選挙区のうち青森、岩手、山形、宮城、福島の5つの選挙区で野党統一候補が勝利を収め、効果があったとされるが投票内容を詳細に検討すれば勝因は自民党の単独過半数を阻止したい公明党の票の一部が野党統一候補に流れたことなのである。
共産党と選挙協力をしたために民主党最大の支援組織であった【連合】は民進党と距離を置き始めている。
民進党が本気で党を再建し、再び政権を狙おうとするのであれば安全保障と経済政策を真剣に学び、党の理念を一本化すべきである。とにかく選挙に当選するために選挙制度を悪用して理念なき【選挙互助会政党】を結成してきたがこの状態から脱皮しない限り民進党の再建は実現しないであろう。
現行の【小選挙区比例代表並立制】は敗者復活を認めてはいなかったはずである。小選挙区で落選しても比例区で当選できるという現行の慣習は有権者の支持を得ているとは言えないであろう。この制度が蔓延っているから民進党は性根がすわらないのだ。   (おわり)

|

« 衆院東京10区補選の見通し | トップページ | 杭州G20は実質的な成果は上がるのか »

9政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民進党は代表選後党の理念を一致させる必要がある。:

« 衆院東京10区補選の見通し | トップページ | 杭州G20は実質的な成果は上がるのか »