« 経済減速隠蔽のため世界の目を南シナ海へ向けさせる中国政府 | トップページ | 世界経済不安定化が円高になる構造の韓国の的外れな分析 »

2016年2月24日 (水)

選挙目当ての新党の名に値しない民主党中心の新党が誕生

統一会派を組んでいた民主党と維新の党の岡田克也代表と松野頼久代表は2月22日に行った会談で夏の参議院選挙に向けた両党の連携を巡り、民主党の党名綱領などを変更し、その後、維新の党の議員が民主党に参加する方法で両党が合流する新党の結成を決定した。
例年ならば今の時期は新年度予算案の審議で忙殺されているところであるが4月の衆院選の可能性が取り沙汰されているところから急遽2党の合流が決定したのであろう。
合流決定を受けて、民主党は24日に臨時常任幹事会を開き、維新の党と3月中に合流することを了承した。維新の党も同日両院議員総会を開き、民主党との合流を松野代表が説明し、今週中に結論を出すことになった。2党が合流すれば衆院93名(民主党72名、維新の党21名)、参院59名、合計152名が所属する新党が誕生することになる。
維新の党には5人の参院議員が所属しているが、5人は旧みんなの党の比例選出の議員なので国会法の規定により合流できない。そのため、救済措置として今夏の参院選で改選を迎える4人は選挙前に辞職し、合流後の民主党から出馬する案が浮上している。
【NHK NEWS WEB】は24日午後、両党の合流について『民主党と維新の党の執行部は、夏の参議院選挙に向けた両党の連携を巡り、民主党の党名などを変更したうえで、維新の党の議員が民主党に参加する形で両党が合流する方針を固めました。
これを受けて維新の党は24日、国会内で両院議員懇談会を開き、松野代表は「われわれが目指しているのは政権交代であり、今の自民党・安倍政権に、どう対じしていくかがいちばんの目的だ。大きな目でこの合流の流れを見ていただきたい」と述べ、今週中に党として正式に決定したいという考えを示しました。また、松野氏は合流したあとの体制について、夏の参議院選挙後できるだけ早い時期に代表選挙を行うことになるという見通しを示しました。
これに対し、出席者からは「野党再編を進めるために、合流を進めるべきだ」という意見が相次ぐ一方で、合流に慎重な江田前代表に近い議員から「両党が解党して新党を結成すべきで、現段階では賛成できない」、「維新の党の政策が合流後も反映されるよう担保すべきだ」といった指摘が出されました。
松野氏ら執行部は、24日と25日の2日間、地方議員を集めた説明会を行うなどして、意見集約を進めたうえで、26日、臨時の執行役員会を開き、民主党との合流を正式に決めたいとしています。』と報じている。
民主党と維新の党の支持者以外の国民の目には両党の合流は新党の結成とは映らないであろう。言ってみれば売れ残った商品の包装紙を取り替えたに過ぎないのである。
政治の世界は【一寸先は闇】という格言があるので参院選の結果を予測はできないが、株価が1万円を切り、円が1ドル=80円台となり、GDPが第1四半期と第2四半期ともにマイナス2%を超えるという事態でも起こらない限り、新たに誕生予定の新党まがいの新党が衆院選と参院選で勝利する可能性は極めて低い。
筆者の本音を言わせてもらえば「選挙互助会政党」の誕生は歓迎したくない訪問客のようなものである。   (おわり)

|

« 経済減速隠蔽のため世界の目を南シナ海へ向けさせる中国政府 | トップページ | 世界経済不安定化が円高になる構造の韓国の的外れな分析 »

9政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙目当ての新党の名に値しない民主党中心の新党が誕生:

« 経済減速隠蔽のため世界の目を南シナ海へ向けさせる中国政府 | トップページ | 世界経済不安定化が円高になる構造の韓国の的外れな分析 »