« 大阪市民の常識が大阪都構想を廃案にした | トップページ | 自衛隊の掃海活動を可能にする法整備は必要である。 »

2015年5月19日 (火)

【大阪都構想】否決により野党再編が現実のものに

【大阪都構想】は僅差ではあるが否決された。橋下徹大阪市長は公言通り政界引退を表明した。自らの行政家としての限界を見極めたということであろう。大阪は言いにつけ、悪いにつけ吉本興業の芸人たちに代表される【おもろいこと】を求める気質と【儲かりまっか】が象徴している利敏(さと)い気質が横溢しているしている土地柄と言える。それ故に時として規格外の府知事や市長が誕生する。地方行政は住民の生活の基盤づくりの役割を担っているので奇をてらう必要はないのだ。そういう意味では大阪市民は奇をてらう橋下市長の手腕に飽きがきて、【橋下劇場】の幕引きをしたのである。
橋下市長の敗北に歩調を合わせるように中央政党【維新の党】の江田憲司代表も18日未明、代表辞任を表明した。江田氏の辞任は民主党を中心とする野党再編に向けてフリーハンドを確保するためであろう。江田氏は野党再編の起爆剤になるためにみんなの党を離れたのであるから。
【時事ドットコム】は18日未明。『維新の党の江田憲司代表は18日未明、大阪市内で記者団に対し、「大阪都構想」の賛否を問う住民投票で反対が多数を占めたことを受け、「(維新の)原点中の原点の政策が否定された。代表として責任を痛感している」と述べ、党代表を辞任する意向を表明した。これを受け、維新は同日中にも執行役員会を開き、対応を協議する。
 江田氏は辞任の理由に関し、「けうな政治家である橋下徹大阪市長を引退に追い込んだ。サポートが不十分だった責任もある」とも説明。後任の代表人事については、松野頼久幹事長を推す考えを示した。』と配信している。
【維新の党】が仕掛ける野党再編のカウンターパートナーは野党第1党というのはおこがましいが、一応【民主党】である。民主党の中でも保守派とみられている【口先番長】の異名を持つ政策集団【凌雲会】を率いる前原誠司元外相、政策集団【花斉会】を率いる野田佳彦元首相や細野豪志元幹事長などである。
民主党が現在のように選挙互助会政党から抜け出さない限り、国民の期待を担うことはできない。民主党は保守派と自治労、日教組、JR総連といった旧社会党支持だった労組を支持基盤とするリベラル派や護憲派とに分かれない限り、国民の理解は得られないであろう。何しろ民主党は重要な政治課題に関して党内の意思統一ができないのであるから。
民主党保守系議員が再び政権を担う気があるのであればこの際、【維新の党】と合流すべきである。【維新の党】の現有勢力は衆院40人、参院11人の合計55人である。民主党の現有勢力は衆院72人、参院58人の合計130人である。
民主党の衆院で保守系とみられているのが45人前後。それに参院が15人前後である。衆院の45人の中から40人が離党し、維新の党と合流し新党を結成すれば野党第1党になる。維新の党も民主党も現状のままであればジリ貧になるだけであろう。。ことに発信力抜群であった橋下大阪s長を失う【維新の党】は次期衆院選で大阪府と近畿比例ブロック選出の議員の大半をうしなう可能性が高いので、民主党の一部と合流せざるをえない。もしそれば実現しなければ【維新の党】も消滅していく可能性が高くなる。   (おわり)


|

« 大阪市民の常識が大阪都構想を廃案にした | トップページ | 自衛隊の掃海活動を可能にする法整備は必要である。 »

9政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【大阪都構想】否決により野党再編が現実のものに:

« 大阪市民の常識が大阪都構想を廃案にした | トップページ | 自衛隊の掃海活動を可能にする法整備は必要である。 »