« 衆院の議員定数削減は本当に必要なのか | トップページ | オバマ米大統領のTPP首脳会談欠席は年内決着の先送りか? »

2013年10月 6日 (日)

前宇都宮女性市議に公民権停止5年の略式命令が出される。

7月21日投開票の第24回参院選の公示後に、民主党公認の谷ひろゆき候補への投票依頼の文書を配ったという【法定外文書頒布】(公職選挙法違反)の罪で略式起訴されていた福田智恵前宇都宮市議(48)に対し、宇都宮簡易裁判所は9月27日付で【罰金30万円、公民権停止5年】の略式命令を出した。
福田智恵前宇都宮市議は【公民権停止5年】は罪が重過ぎるとして、正式裁判を申し立てる意向である。福田氏の心情は察して余りがある。
8月下旬、筆者は事件のもう一方の当事者・谷前参院議員に宇都宮市のパルコ前で偶然立ち話をする機会に恵まれたが、周囲の人の目もあるので、谷氏は言葉少なめに、万感の思いを込めて、「裁判の行方が気がかりだ」と筆者に語っている。谷氏は、筆者の中・高の同級生の父親(衆参議員の経験者)の秘書だったという関係で筆者とは面識がある。
福田氏、あるいは支持者の「公民権停止5年」という略式命令に対する不満は不満として、法律違反を犯した事実は変わらないし、裁判に持ち込んでも略式命令の内容が変わる可能性は少ない。残酷な表現を許してもらうならば、福田氏は恐らく政治生命を断たれることになろう。
下野新聞は10月5日付けの朝刊で『7月の参院選で投票を依頼する法定外文書が有権者に送付された事件で、宇都宮簡裁は4日までに、公選法違反(法定外文書頒布)罪で略式起訴された福田智恵前宇都宮市議(48)に罰金30万円、公民権停止5年の略式命令を出した。9月27日付。
下野新聞社の取材に福田前市議は「公民権停止5年はあまりにも重い」とし、命令を不服として週明けにも同簡裁に正式裁判を申し立てる方針。
略式命令に不服がある場合、2週間以内に簡裁に正式裁判を申し立てることができる。手続きに不備がなければ受理され、公開の裁判が開かれる。福田前市議は「裁判でこれまでの主張をしっかり伝えた上で、判断していただきたい」としている』と報じている。
福田氏が有権者に送り付けた文書は7000通であるが、その文書の発送に関して、福田氏の署名は入れないように忠告した人がいたと言われている。しかし、福田氏はその忠告を無視したことになる。
何故、公職選挙法に抵触する文書を送付したのかという疑問が残るが、民主党県連の内情に詳しい知人によれば、11年の栃木県の県議選で落選した民主党の山田美也子氏が離党したために県議選宇都宮選挙区の民主党女性候補者の枠に空きが出たので福田氏は時期県議選に出馬の準備を始めていたのだという。
7000通の文書の郵送料は50万円はかかる。言葉は悪いが、福田氏は【他人の褌(ふんどし)】(谷氏の選挙費用)で自分の選挙を行おうとしたのである。
福田氏の落ち度は【法定外文書頒布】は「バレ」ないだろうと高を括っていたことであろう。警察がガサ入れをしたということは何らかの確信があってのことであろう。「内部告発の可能性が高い」と福田氏のある支持者は怒りを込めて語っていた。   (おわり)

|

« 衆院の議員定数削減は本当に必要なのか | トップページ | オバマ米大統領のTPP首脳会談欠席は年内決着の先送りか? »

2市議会便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前宇都宮女性市議に公民権停止5年の略式命令が出される。:

« 衆院の議員定数削減は本当に必要なのか | トップページ | オバマ米大統領のTPP首脳会談欠席は年内決着の先送りか? »