« 安倍首相のニューヨークでの挑発発言に反発する中国 | トップページ | 自民党の派閥機能は衰えたのか? »

2013年9月30日 (月)

堺市長選挙で【維新の会】公認候補敗北

各種報道機関の事前の予測通り地域政党【大阪維新の会】の公認候補西林克敏氏(43)が約6万票の大差で、現職の竹山修身氏(63)に敗れた。西林氏が次善の候補であったとか、準備期間がなかったとか敗因の理由を上げることはできるが、「敗北」したという事実の前にはそれは何の意味も持たない。言える事はこれで名実ともに【維新の会】ののブームが終わったということであろう。
選挙結果について【NHKニュースウェブ】は29日深夜、『大阪府と大阪市、堺市を統合し、再編する「大阪都構想」が最大の争点となった堺市長選挙は29日に投票が行われ、「大阪都構想」に反対する無所属で、現職の竹山修身氏が2回目の当選を果たしました。
堺市長選の結果です。▽竹山修身(無所属・現)当選19万8431票 ▽西林克敏(維新・新)14万569票
民主党の推薦や自民党の支持も得たほか、共産党や社民党も独自に支持した現職の竹山氏が維新の会の新人の西林氏を抑えて2回目の当選を果たしました。
竹山氏は63歳。大阪府の政策企画部長などを務めたあと、前回の市長選挙で初当選しました。今回の選挙は、大阪維新の会が実現を目指す、大阪府と大阪市、堺市を統合し、再編する「大阪都構想」の是非が最大の争点となり、竹山氏は「堺市をなくしてはならない」と「大阪都構想」への反対を訴えました。
そして、推薦を受けた民主党や支持を受けた自民党などの支持層のほか、いわゆる無党派層からも幅広い支持を集め、2回目の当選を果たしました。
大阪維新の会の公認候補が、大阪府内の市長選挙で破れたのは初めてです』と報じている。
再選を果たした竹山氏は選挙戦の勝因についてNHKとのインタビューの中で、『今回の選挙は、堺市民と大阪維新の会との戦いだった。広範囲な政党や団体、それに市民に支えてもらい、選挙戦を戦い、自由自治都市の堺を守ることができたのは無二の幸せだ。堺を住んでよかったまちにするために、皆さんと共に歩んでいきたい」と述べ、また竹山氏は「堺はひとつという大義の下に、立場や信条を超えて皆さんが集まってくれた。大阪都構想はすでに破綻しかかっている。大阪維新の会とは、今後、是々非々で議論していきたい』と語っている。
一方、敗れた大阪維新の会の西林氏は、「わたし自身の力不足が大きく響くなかでこうした結果になったが、真摯(しんし)に受け止めたい。大阪都構想の中身をしっかりと描いて、そのあとに市民に判断してもらうということを十分に伝えられなかった。大阪全体が改革を進めながら発展しようとしているなかで、堺が本当に発展していけるのかと疑問を抱いて戦ったが、大きく飛躍できるチャンスを失ったのではないか。堺が衰退するのではなく、成長してもらいたい」と敗戦の弁を述べた。
西林氏の敗戦の責任について日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は代表の座を降りないと明言している。維新の会の現状から推して辞任したくても人材不足で辞任できないということなのであろう。
しかしながら一般国民の目には橋下氏は居直ったとしか映らず、求心力の低下は否めない。結局、【日本維新の会】も民主党と同じく、責任の所在を明確にできない情けない政党に成り下がったという評価が国民の間で定着することになる。【日本維新の会】日本の政界が混迷していた時期の【アダ花】だったということだ。   (おわり)


|

« 安倍首相のニューヨークでの挑発発言に反発する中国 | トップページ | 自民党の派閥機能は衰えたのか? »

11その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堺市長選挙で【維新の会】公認候補敗北:

« 安倍首相のニューヨークでの挑発発言に反発する中国 | トップページ | 自民党の派閥機能は衰えたのか? »