« 消費税論議の前にやるべきことはないのか?(2) | トップページ | 国会運営に関する民主党の提案に野党の反応は?(2) »

2011年1月23日 (日)

県議選(宇都宮・上三川選挙区)は中盤戦に入った(1)

4月10日に施行される栃木県議会議員選挙【宇都宮・上三川】選挙区(定員13)の立候補予定者がほぼ出揃った。政権与党の民主党の公認候補者は佐藤栄氏(64)、山田美也子氏、斉藤孝明氏('37)の3人の現職に元職の石井万吉氏((68)(宇都宮市議)それに推薦候補の新人の金井亨氏(46)(元会社役員)の合計5人である。現職が6人であった自民党は上野道子氏が参議院に転出して5人になり、2人の新人が立候補する。現職の5人は次の5氏だ。梶克之氏(65)、高橋文吉氏、螺良昭人氏(51)、増渕賢一氏(64)それに五月女裕久彦氏(57)それに新人の中島宏氏(43)(宇都宮市議)と横松盛人氏(52)(宇都宮市議)の合計7人。公明党は小高猛男氏(65)と山口恒夫氏(57)の現職2人。みんなの党は現職の中川幹夫氏(60)と新人の佐原吉大氏(43)(医師)の2人。共産党は現職の野村節子氏(57)。無所属は前回も立候補した西弘次氏と新人の斉藤進氏(67)(不動産コンサルタント)。19人で13の議席を争う激戦になる。                          民主党は政権与党として党勢拡大が至上命令であり、定員が2議席増えたこともあり、前回より2人多い5人を擁立した。現職の【佐藤栄氏】は、連続4回当選を目差す。佐藤氏は県職員労働組合出身で、支持組織は自治労と日産自動車労組の一部である。前々回の03年(平成15年)の選挙では、10185票であったが、前回の07年(平成19年)の選挙では、大幅に票を伸ばし、130124票を獲得している。民主党に逆風が吹いているので前回より票を減す可能性はあるが、景気の動向には比較的影響を受けない地方自治体職員の労働組合の自治労の組織内候補者であるから当選は間違いない。                           【山田美也子氏】は引退した水島広子元衆議院議員を支える女性の県会議員が必要だということで生協運動の活動家であった山田氏を民主党県連が擁立したという経緯がある。補選を含めると4選 目になる。山田氏は『ホンダ』の労組とパナソニック労組を中心とする【電機連合】が主な支持基盤である。山田氏は03年(平成15年)の選挙では13576票を獲得し、07年(平成19年)の得票は13632票であるから安定している。ただ前回の選挙後に百年に1度と言われている経済危機【リーマン・ショック】が発生し、宇都宮市及びその周辺自治体に進出している自動車産業や電機産業を直撃した。進出企業は、工場の統廃合や人員整理が行われ、労働組合員の人数の減少という事態にまで発展している。さらに中央政界での民主党の混乱が原因で浮動票も民主党離れを起こしている、山田氏といえども得票数の減少は避けられないだろう。                           もう1人の現職議員の【斉藤孝明氏】は前参議院議員の梁瀬進氏の秘書から県議に転進した。今回再度県議選に挑む石井万吉氏が前回出身労組(全逓)の事情から出馬を見送ったために斉藤氏にお鉢が回ってきたという裏の事情がある。斉藤氏の支持母体はNTT東日本労や東京電力を傘下に持つ電力総連、それに嘗ては選挙上手として知られていた全逓(現日本郵政労組)などだ。前回の選挙で斉藤氏は宇都宮市で12409票、上三川町で1298票合計13707票を獲得している。斉藤氏にとっての不安材料は、秘書として仕えていた梁瀬氏が落選したことである。梁瀬氏の宇都宮と上三川の後援会は老齢化が進んでいるし、簗瀬氏の落選によって簗瀬氏の求心力は衰えたと見るべきであろう。簗瀬氏の落選は斉藤氏支援労組にも微妙な影を落としている。組織内候補者ではない斉藤氏にそれ程の義理はないのである。日本郵政の労組は民営化されたことにより選挙運動にそれ程熱が入らなくなった。昨年の7月の参院選で日本郵政労組は組織内候補者として比例区で難波氏を擁立したが宇都宮地区では900票しか取れなかった。こうしたことを考慮すると斉藤氏は当落線上にあるといえよう。今後の運動次第である。                       元職の石井万吉氏は民主党公認とはいえ、票の割り当ての上では公認の恩恵を蒙ってはいない。民主党は宇都宮市・上三川町選挙区で前回選挙より定員が2名増員になったことから候補者を2名増やした。しかし民主党に逆風が吹き、昨年の北海道5区の補選以降選挙のたびに連戦連敗になると安全策から現職3人当選だけを目差す作戦に切り換えた。労働組合の支援を得られない石井氏の苦戦は免れない。新人の金井氏も民主党の支援は期待できない状況にあるようだ。栃木1区選出の石森代議士の応援を全面的に受けてはいるが、石森氏の個人の後援会はそれ程強力な後援会とは言い難いので金井氏の運動が何処まで浸透するかにかかっている。民主党は現職3人だけの当選に終わったなら、宇都宮・上三川選挙区では実質的には敗北である。  (つづく)


|

« 消費税論議の前にやるべきことはないのか?(2) | トップページ | 国会運営に関する民主党の提案に野党の反応は?(2) »

4県議会便り」カテゴリの記事

コメント

所で、初詣は行きましたか?

投稿: 川口の美容室よりお手紙 | 2011年1月23日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県議選(宇都宮・上三川選挙区)は中盤戦に入った(1):

« 消費税論議の前にやるべきことはないのか?(2) | トップページ | 国会運営に関する民主党の提案に野党の反応は?(2) »